小学校英語教師の報酬ってどれくらい?

小学校英語教師の報酬ってどれくらい?

小学校英語指導者認定協議会(J−Shine)の認定を受け、
小学校英語指導者の資格を取得して
実際英語教育の仕事に就くとなった場合、
報酬はどのようになるのか?ということが気になりますね。

 

 

ここでは、小学校英語教師の報酬についてお話していきます。

 

 

小学校で英語教師の職に就く場合、現時点では、
地域の学校や教育委員会と契約をして報酬を得る、
という形が殆どです。

 

「日本人のALT」のようなものだと思えば良いと思います。

 

 

英語だけを教えるという立場のため、殆どの場合は常勤ではなく、
数時間のみの勤務ということになっているようです。小学校英語指導者全体で
平均時給の統計を取ってみたところ、約1,110円となっています。

 

 

一番低い人は「無償ボランティア」で、一番時給の高い人は8,000円〜9,000円
程度と、地域・事情によってかなり差があるのが実情です。

 

平均的な時給の相場としては、1,000円〜2,500円程度といったところのようです。

 

 

2011年度より国公立小学校での英語の授業が必修となりますので、
今後、小学校英語教師の立場も向上する可能性を秘めていますが、
今のところは「パートタイム」的な勤務というのが実情です。

 

 

もちろん、就業場所を変えて、民間の英語スクール・英語教室で
常勤の講師の仕事をするとなれば、収入はそれなりのものになると思います。

 

 

自身の現状を考えて、小学校に限らず、民間のスクール・教室の求人もじっくり見比べて、
自分は小学校英語指導者の資格を生かしてどのような方向で働くべきか、ということを
熟慮することが大切であると思います。