小学校英語教師になるには教員免許は必要なのか?

小学校英語教師になるには教員免許は必要なのか?

小学校英語教師になるのには、
「教員免許」は特に必要ありません。

 

 

小学校英語指導者認定協議会(J−Shine)の認定する
「小学校英語指導者」の資格を取得すると、
J−Shineのホームページに氏名などの登録情報が掲載されます。

 

その掲載情報を小学校の関係者がホームページを見て
採用試験の連絡をしてくるケースもあります。

 

 

また、自治体の教育委員会で
小学校英語教師養成講座を開講している地域もあります。

 

その講座の受講を経て、
小学校英語教師の職に就く、というケースもあります。

 

 

ただ、もし若い方でこれから大学への入学を目指されている方であれば、
出来れば、大学の教育系学部へ入学して勉強されるのが良いでしょう。

 

 

というのは、小学校英語教師として、常勤で仕事をするとなった場合、
英語以外にも小学校教育に関するあらゆることを任されますので、
学校教育に関する専門知識があった方が大変有利なのです。

 

 

もし、小学校教員の免許だけで採用となると、英語科よりも他教科や学級担任の
役目を負わされることも心得ていなくてはなりません。

 

 

ですから、一番良い方法は、中学校・高校の英語の教員免許にプラスして、
小学校教員の免許を取得することだと思います。